~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺泊港まつり花火大会(8/7開催)

海空中花火01_水中花火に馴染みのない人は 失敗したと勘違いするらしいです
前回(8/4)の花火撮影で、三尺玉を下手なりにも何とか撮れた事に味を占め、冷めないうちに次なる修行です。

寺泊港まつり花火大会は 港の防波堤が打上げ場になっていて、県内では柏崎と並んで 海中(水中)花火 が呼び物です。


打上げ時間) 19:30~21:15 公称5000発。
担当) 阿部煙火工業
問) 寺泊観光協会 0258-75-3363

[ロケデータ]
打上げ場地図 ・カメラ位置地図  ・距離 2.8km ・撮影時間 19:55~21:15
撮影データは、拡大画像にExifを残してUPしてありますので 宜しければ御参照下さい。
機材 DiMAGE-Z2、フィルターなし、トリミングなし、リサイズのみです。

あと、28枚 → 【“寺泊港まつり花火大会(8/7開催)”の続きを見る】
スポンサーサイト

嘉瀬さんの有終の美。私は修行の緒。

嘉瀬誠次さん84歳、花火師人生最後の正三尺玉

「昇曲導付黄金すだれ小割浮模様」

嘉瀬誠次花火師 最後の正三尺玉 1発目 「昇曲導付黄金すだれ小割浮模様」


見事な盆の余韻を味わいつつ、撮影画像をチェック。
そろそろ撤収作業に入ろうかな~?と思っていた まさにその瞬間、
再び立ち昇ってゆく一筋の光・・・
まさか !! 
慌ててフレーミングを取り直し、夢中でシャッターを切る。

2発目 「昇曲導付大輪菊子割浮模様」

嘉瀬誠次花火師 最後の正三尺玉 2発目 「昇曲導付大輪菊子割浮模様」


嘉瀬花火師 渾身の名玉でありました。
その凄さに、まだ写真の腕前がついて行けず、これが精一杯の状況でした。

それにしても、
まさか、2発も上がるなんて・・・ 全く思いもよりませんでした。
プログラム等にも 何処にもそんな事 書かれてません。
事実、花火写真愛好家の皆様にも、うっかり2発目を撮り逃がしたという方がかなりいたらしいです。
私は、下手なりに キチンと2発"一対"で納める事が出来たのは幸運でした。

私が今更ながら花火写真を始めようと決意したのは、
どうしても この正三尺玉を自分の手で記録しておきたかったからです。

以下は、その想いについての駄文のみです。(花火写真ナシ)

【“嘉瀬さんの有終の美。私は修行の緒。”の続きを見る】

2日目は動画の練習・・・ って、おいっ

この日の撮影は、全て動画のみ、しかもDiMAGE-Z2の手持ち撮影。 つまり、掲載した画像は全て 動画からのキャプチャー静止画ですので、画質悪いです。m(__)m
地元民である私は、「毎年の事で、いつでも見れるから いいや。」との考えで、ここ何年も現場会場での観覧をしておりませんでした。 約10年振りに、打上げ会場 至近距離での観覧を決行しました。
しかし、私のいた場所は とても三脚をセットするような状況ではなかったので、写真撮影は断念して、手持ち撮影の動画からの切り出し静止画像をUPします。

正三尺玉 キャプチャー01 21:15 打上げの 正三尺玉。
「昇曲導付黄金簾小割浮模様」
(のぼりきょくどうつき おうごんすだれ こわれうきもよう)

筒に火が入り、発射薬の爆発で 一瞬 照り返しが見える。


正三尺玉 キャプチャー02
カメラ方向調整で、少し左にパーンしてます。

昇り曲導に小花をちりばめながら 順調に上昇してゆく。

「いけぇーっ! あがれーっ!」


正三尺玉 キャプチャー03
開発(破裂)の瞬間。

周囲の空間が照らし出されています。





正三尺玉 キャプチャー04
一気に開いた星は、次第に速度を下げながらも大きく広がってゆく。

ゆったりとダイナミックに開くのが 長岡の三尺玉の特徴。



正三尺玉 キャプチャー05
保安距離の関係で 一般の花火より遠い為、この位開いてから「ドーン!」と開発音が轟きます。

ほぼ満開の最大径650mに開き、盆の内では小割浮模様も開いてゆく。



正三尺玉 キャプチャー06
星の引きが長く、まさに「黄金すだれ・・・」。

引先光露で星が一斉に白く変化して、
消え口も揃っていて、見事な三尺でありました。




さて、しょーもない内容をココまで御覧戴いたお礼?に、めずらしい物をお見せします。
更に しょーもない・・・かも(笑)
【“2日目は動画の練習・・・ って、おいっ”の続きを見る】

花火写真 事始め (長岡まつり大花火大会 初日)

なにしろ 産まれて此の方 初めての花火写真撮影であります。
従って、
【警告(笑】今回のは、自分の記録の為にUPした写真であり、とても皆様に御覧戴ける内容ではありません。

今年の長岡まつり大花火大会は"市制100周年記念"で3日間もあるのです。 例年の8/2,3に加えて、8/4は「世界の花火ショー」と題して打上げるのですが、その中にどうしても記録しておきたい花火があるのです。
その為に、今更ながら花火写真を始めてみましょう、と いうことです。

【警告】にもかかわらず
【“花火写真 事始め (長岡まつり大花火大会 初日)”の続きを見る】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。