~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡まつり大花火大会 2007 ⑥

~ 8月3日分 その他の花火 ~


超大型ワイドスターマイン「ふるさとの四季」
露光時間たった3秒でこの状態 w(゚o゚)w。 凄い玉数。
超大型ワイドスターマイン「ふるさとの四季」
米菓で有名な岩塚製菓の提供でした。
斜めからの撮影だったので、色が混ざって写ったのが残念。

【“長岡まつり大花火大会 2007 ⑥”の続きを見る】
スポンサーサイト

長岡まつり大花火大会 2007 ⑤

~ 8月3日分 復興祈願花火 フェニックス ~


 じつは、フェニックス花火の構成内容は 2日間とも同一だったので、昨日分と似たようなカットばかりですが ご勘弁~。

8/3 フェニックス_14b

 今日は 6ヶ所打ちの右端を基準にしたら、角度の関係で 写った範囲が ナント4ヶ所分だけになってしまいました。  昨日より悪化。。。(^^;

 更に、以前より時々発生してた 広角端∞ピンボケ病 が、よりによって ここぞとばかりに再発して、あまい像になってしまいました。
 もしかすると 私の所有個体での単体の現象かも知れませんが、まあ、電源ONでせり出すパワーズームタイプのレンズ一体カメラなので、組み立て設計上 起こり得る現象なのかも知れません。
 普段オートフォーカスで撮る分には、レンズ位置の狂いを含めて吸収して合焦してしまうので、症状は発覚しないワケです。


 シャッターのタイミングは、昨日1回見てる分だけ学習して 今日の方がマシ?かな??(苦笑)


てぇ~わけで、少々難有りだけど、こうなりゃヤケクソ(笑)
全21枚 UPします。 ↓

【“長岡まつり大花火大会 2007 ⑤”の続きを見る】

長岡まつり大花火大会 2007 ④

~ 8月3日分 三尺玉 ~

昨日の失敗写真から「千輪の三尺は 盆の乱れを防ぐために 開発直径を控え気味にしてる」と判断して、ハミ出し覚悟でズームUPしたのが効を奏しました。  一応、ノートリミングです。


8月3日分 2発目 「昇り小花 蝶花大千輪」

8月3日分 三尺玉 2発目 「昇り小花 蝶花大千輪」


もう1発の黄金すだれ は、昨日の方がマトモな感じですが、
一応 今日の分も載せときます。 ↓

【“長岡まつり大花火大会 2007 ④”の続きを見る】

長岡まつり大花火大会 2007 ③

~ 8月2日分 その他の花火 ~

 スターマイン系の撮影では、露光中に遮蔽板を使って 写り込む玉の数を調整するのですが、長岡クラスの花火大会では、1分間以上あげ続けるのがザラなのです。 私の使用するカメラ DiMAGE Z2 は、最長でも30秒間までしか長秒露光できない仕様なので 到底 足りません。
 結局、タイミングを見計らって 2~5秒程の短い露光を繰り返す方が、見れる写真を残せる事が多いようです。
 Z2のような 撮像素子の小さいEVF機では、30秒を超えると熱ノイズ増加などの問題があり、機材の限界と言えるのかも知れません。  あ~、やっぱデジイチが欲しくなってしまいます。(^^;

8/2_その他_05

あと11枚 あります ↓ 
【“長岡まつり大花火大会 2007 ③”の続きを見る】

長岡まつり大花火大会 2007 ②

~ 8月2日分 復興祈願花火 フェニックス ~


 フェニックス花火とは、平成16年に発生した 7.13豪雨災害 と 中越地震 からの復興を祈願して上げるものです。 全国の皆様からの復興支援への感謝と 地元被災地を元気付ける意味も込められています。  詳しくは 公式Webページ をご覧下さい。


 花火そのものの実態は、幅1.6kmにも及ぶ 6ヶ所打ちの「超ワイドスクリーンのスターマイン」で、平原綾香さんの曲 ジュピターにあわせて 3分間あげっぱなし というシロモノです。 そのラストで 長岡市の市章でもある 不死鳥フェニックスをイメージした型物花火が6ヶ所から上がり 完結となります。

8/2 フェニックス_18

 ス、スイマセン。 ズームのワイド端(38ミリ相当)で撮ったのに 収まりませんでした。 
6ヶ所打ちなのに 5ヶ所分しか写ってません。 m(__)m
私が陣取った 水道公園からでは、少なくとも28ミリ相当より広角でないとムリみたいです。


私の写真ではフェニックスの全体像が伝わらない(爆)ので、NBTVブロードバンドテレビさんの動画(約79MB)をご覧下さい。。。 って、ああ 情けない。(>_<)ゞ


↓ 失敗写真ばっかりですが、ほぼ全カット18枚載せます。

【“長岡まつり大花火大会 2007 ②”の続きを見る】

長岡まつり大花火大会 2007 ①

~ 8月2日分 三尺玉 ~


丁度1年前でした。 昨年の長岡まつりで上がった 嘉瀬花火師最後の三尺玉を残しておきたくて、花火写真を始めたのでした。
今にして思えば、全く未経験な未熟撮影で よくもまあ 何とか形になったものだったと思います。 偶然以外の何物でもありませんでした。


さりとて、1年間の悪戦苦闘を経て 今現在の修行の成果はというと……???(苦笑)


8月2日分 1発目 「昇り曲導付 黄金すだれ 小割浮模様」

8月2日分 三尺玉 1発目 「昇り曲導付 黄金すだれ 小割浮模様」


んで、2発目ですが、フレーミング失敗撮影に終りました。m(__)m
こわいモノ見たさで、どーしてもという御方は →

【“長岡まつり大花火大会 2007 ①”の続きを見る】

戦災者へ捧げる白菊

太平洋戦争末期の昭和20年8月1日夜、長岡はB29爆撃機による空襲で 当時の市街地の大半を焼き尽くし 1460余名が犠牲となりました。
現在、毎年8月1~3日に行われる 長岡まつり は、その戦災からの復興祭を起源として発展したものです。


2日、3日の大花火大会が有名になっていますが、前夜祭である1日には 慰霊と平和への祈りの行事も行なわれます。


市内中心部を流れる柿川で行なわれた灯篭流し。
フラッシュなしの手持ち撮影なので不鮮明で・・・ m(__)m柿川に映るネオンサイン。

予想よりも至近距離で上がった為、ワイド端でも全然 納まりません。
  現代の長岡の姿に 62年前の戦災犠牲者たちは何を思うのでしょう。



空襲が始まったとされる時刻 午後10時30分には、慰霊のために 信濃川河川敷で花火が上げられます。









【“戦災者へ捧げる白菊”の続きを見る】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。