~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片貝花火 2007 (9/10分) 大玉編

・9/10 22:00 打上げ 世界一 正四尺玉 (二段咲き千輪)

9/10 22:00 打上げ 世界一 正四尺玉 (二段咲き千輪)

 ドーンという開発音で、中心から四方八方への ぶっとい引き と 中央部の彩色千輪が開く。
あれ~? こんなもんだったかな~? と思う次の瞬間、
バリバリバリッという轟きと共に、周囲の黄金の千輪が一気に咲き乱れ、大喝采が湧く。


 今回の片貝花火では、この玉を撮れたのが一番の収穫。 v(^o^)v
昨年の千輪系四尺玉は 雨にたたられてNGでしたから。


 実は2日目のこの日は、19時過ぎまで仕事だったので、行くか否か迷っていたのです。
時間的にも途中参戦にならざるを得ず、場所取りも、撮影場所は大丈夫でも 駐車場所が厳しいであろう・・・と。
更に、昼間から小雨が降り続いていて 昨年の空しい記憶が・・・
 しかし、時刻が近付くにつれて 気もそぞろ・・・ ヤハリ我慢出来ズ(苦笑)。
結局、退勤→速攻現場急行!!
 結果、大正解でした。 月曜日+雨 の条件故か、駐車もゆるゆるで。
おまけに、私が現着した20時頃に なんと雨が止んだのでありました。\(^o^)/
昨日に続き pokonyanさんも 悪条件の中 頑張っておられました。 ホント行ってよかったです。


↓ あと3発 + ・・・ あります。

【“片貝花火 2007 (9/10分) 大玉編”の続きを見る】
スポンサーサイト

片貝花火 2007 (9/9分) 還暦スターマイン 編

この写真は、2日間の片貝花火でも 最も豪華なスタマとの呼び声も高い、通称「還暦スターマイン」のラストで上がった 一斉打ち の部分です。

慰十六会さん奉納「還暦スターマイン」_07

片貝の特大スターマインでは、冒頭とラストに このような一斉打ち(花束打ち)が 入る事が多いです。
わずか10秒そこそこの間に、シュシュシュパッパッパッパッ って感じで花開く様は、見事と言うほかありません。

↓ 還暦スターマイン について
【“片貝花火 2007 (9/9分) 還暦スターマイン 編”の続きを見る】

片貝花火 2007 (9/9分) 大玉編

・9/9 22:00 打上げ 世界一 正四尺玉 (冠柳系)

9/9 22:00 打上げ 世界一 正四尺玉 (冠柳系)

おもいっきり 地面に降りそそいでいます。
初めて片貝花火を見るとビックリして、山火事になるのでは?・・・と 心配する人も多いそ~な。。。
ま、原理的には さほど火災の危険は無いと承知はしてるものの、やはりチョット 大丈夫? とか思ってしまいます。


昨年の冠系四尺は ピンク系1色の芯(小割浮模様?)でしたが、
今年のは、ピンク 紫 緑 と、彩色千輪のような浮模様で、とてもカラフルでした。


↓ 正三尺玉 2発 あります。

【“片貝花火 2007 (9/9分) 大玉編”の続きを見る】

さあ やって来ました、片貝まつり です。

片貝まつり は、花火の打上げ(奉納)自体が 祭の中心で、花火が打上げに至るまでの様々な段階が 祭の各行事として表現されています。 花火好きな人には、正に夢のような御祭です。

先日に確認済みの撮影ポイントに場所を確保してから、17時頃に 桟敷席や神社の様子も見ておこうかな? と、ぶらりと10分ほど歩いて来てみたら・・・
浅原神社の参道入口前は この混雑


 ←
  浅原神社の参道入口前は この混雑ぶり。


露店とお客でごったがえす参道


 


 


  
  露店の立ち並ぶ参道の人波をかきわけ →
     奥へと進むと・・・

境内もご覧の通りの盛況




 ←  境内もご覧の通りの盛況ぶり。

      先日の静寂がウソのよう。



 ↓ この記事には 花火の写真はありません。

【“さあ やって来ました、片貝まつり です。”の続きを見る】

準備万端

なにやら巨大な看板とある街の中心部。

 毎年毎年この時期に
  なにやら巨大な看板が貼り出されます。

えっ 選挙??

  それは1ヶ月チョイ前に終ってるでしょう。



いったい 何か というと、、、 ↓

【“準備万端”の続きを見る】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。