~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火写真 事始め (長岡まつり大花火大会 初日)

なにしろ 産まれて此の方 初めての花火写真撮影であります。
従って、
【警告(笑】今回のは、自分の記録の為にUPした写真であり、とても皆様に御覧戴ける内容ではありません。

今年の長岡まつり大花火大会は"市制100周年記念"で3日間もあるのです。 例年の8/2,3に加えて、8/4は「世界の花火ショー」と題して打上げるのですが、その中にどうしても記録しておきたい花火があるのです。
その為に、今更ながら花火写真を始めてみましょう、と いうことです。

【警告】にもかかわらず

新潟県中越地方は 全国的に見ても有数の花火処であります。 でも実は、我が故郷の花火がそんなにスゴイのだと知ったのは、大学生として上京して よその出身者から教えられてからでした。
しかし、で あったとしても、その後 銀塩一眼レフを手にしてから現在まで20年以上もの間、どうして花火を被写体にしてこなかったのだろう? まあ 失敗写真量産による感材の出費に恐れを抱いて、その世界に踏み込めずにいた・・・と、自己分析。
でも、デジカメならその心配は御無用なワケですね。

とりあえずWebで花火写真の情報を探したところ、小野里公成さんというプロカメラマンの「日本の花火」というサイトに膨大なコンテンツの存在を発見。 日本各地の有名花火大会の情報のほかにも 花火写真の撮影方法についても「花火撮影講座」と題して詳細に解説されています。
で、現状の私には 理解不能な言語が頻発し、故に、その珠玉の御言葉の数々をすべて具現化する事は 激しく不可能であると悟りました。 そこで 自分勝手な解釈で 読みたい部分のみサラリとながめて理解したつ~もりっと。(爆)

で、その結果 撮れたのが・・・

産まれて初めての花火写真産まれて2枚目の花火写真
産まれて3枚目の花火写真産まれて4枚目の花火写真 (一応、正三尺玉なんですけどね~ (悔)

以上の4枚・・・だけ。 あまりの難しさに静止画写真を投げ出して、動画撮影に浮気してしまいました。 (キチンと基本セオリー通りやってれば、そこまで難儀する事はなかったのです。"自分勝手な解釈"がいけなかった。)
右下の一枚は、一応"正三尺玉"だったんですけど、ただの普通の尺玉に見えてしまう という、素晴らしい撮影ワザ?を発揮しております。(爆)
ま、画像に残してあるExifを参照すれば、いかに凄まじい撮影法であったか一目瞭然。
今となっては、苦笑しかできません。。。  いや、全く お恥ずかしい限り。

以上、 花火写真 事始め でありました。m(__)m     修行は翌日へと続く・・
(2006.12.02 記す)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayoibukuro.blog81.fc2.com/tb.php/14-d11d15c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。