FC2ブログ

~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目は動画の練習・・・ って、おいっ

この日の撮影は、全て動画のみ、しかもDiMAGE-Z2の手持ち撮影。 つまり、掲載した画像は全て 動画からのキャプチャー静止画ですので、画質悪いです。m(__)m
地元民である私は、「毎年の事で、いつでも見れるから いいや。」との考えで、ここ何年も現場会場での観覧をしておりませんでした。 約10年振りに、打上げ会場 至近距離での観覧を決行しました。
しかし、私のいた場所は とても三脚をセットするような状況ではなかったので、写真撮影は断念して、手持ち撮影の動画からの切り出し静止画像をUPします。

正三尺玉 キャプチャー01 21:15 打上げの 正三尺玉。
「昇曲導付黄金簾小割浮模様」
(のぼりきょくどうつき おうごんすだれ こわれうきもよう)

筒に火が入り、発射薬の爆発で 一瞬 照り返しが見える。


正三尺玉 キャプチャー02
カメラ方向調整で、少し左にパーンしてます。

昇り曲導に小花をちりばめながら 順調に上昇してゆく。

「いけぇーっ! あがれーっ!」


正三尺玉 キャプチャー03
開発(破裂)の瞬間。

周囲の空間が照らし出されています。





正三尺玉 キャプチャー04
一気に開いた星は、次第に速度を下げながらも大きく広がってゆく。

ゆったりとダイナミックに開くのが 長岡の三尺玉の特徴。



正三尺玉 キャプチャー05
保安距離の関係で 一般の花火より遠い為、この位開いてから「ドーン!」と開発音が轟きます。

ほぼ満開の最大径650mに開き、盆の内では小割浮模様も開いてゆく。



正三尺玉 キャプチャー06
星の引きが長く、まさに「黄金すだれ・・・」。

引先光露で星が一斉に白く変化して、
消え口も揃っていて、見事な三尺でありました。




さて、しょーもない内容をココまで御覧戴いたお礼?に、めずらしい物をお見せします。
更に しょーもない・・・かも(笑)

二尺玉 のはずが・・・ 01
 二尺玉、発射! 

 筒に火が入った照り返りが赤いです。





二尺玉 のはずが・・・ 02
順調に上昇







二尺玉 のはずが・・・ 03
昇りきって 一瞬 静止。







二尺玉 のはずが・・・ 04
あれ? 開発しない・・・







二尺玉 のはずが・・・ 05
??? 
(私は、ある予感で カメラを下に振る)

肉眼では真っ暗だったのですが、
カメラは一瞬だけ微かに光る落下玉を捕えました。



二尺玉 のはずが・・・ 06
次の瞬間、なんと地上で 開発 !!
通称「黒玉」という失敗で、地上に落下して爆開発してしまいました。

と、ゆーわけで、二尺玉の打上げ失敗を捕えた画像でした。
さいわい、負傷などの大事故には至らなかった模様。

さて ところで、写真の練習を全くせず 肝心の明日の本命は大丈夫なのでしょうか?(ぉぃぉぃ)
(2006.12.05 記す)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayoibukuro.blog81.fc2.com/tb.php/16-d3950511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。