~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺泊港まつり花火大会(8/7開催)

海空中花火01_水中花火に馴染みのない人は 失敗したと勘違いするらしいです
前回(8/4)の花火撮影で、三尺玉を下手なりにも何とか撮れた事に味を占め、冷めないうちに次なる修行です。

寺泊港まつり花火大会は 港の防波堤が打上げ場になっていて、県内では柏崎と並んで 海中(水中)花火 が呼び物です。


打上げ時間) 19:30~21:15 公称5000発。
担当) 阿部煙火工業
問) 寺泊観光協会 0258-75-3363

[ロケデータ]
打上げ場地図 ・カメラ位置地図  ・距離 2.8km ・撮影時間 19:55~21:15
撮影データは、拡大画像にExifを残してUPしてありますので 宜しければ御参照下さい。
機材 DiMAGE-Z2、フィルターなし、トリミングなし、リサイズのみです。

あと、28枚 →
あの~ですね、実物の花火は”もっとキレイ”で”もっと迫力が有り”ます。 念のため。
私の 機材 腕前不足により、こんな風にしか撮れませんでした。 花火師さんゴメンナサイ。

海空中花火
海空中花火02_不規則にスーッと流れる飛遊星が印象的海空中花火03_たくさん重なって まっしろけorz ぶっ飛んでしまった
海中花火は基本的にスターマイン式の連発なので、露光時間のタイミングが難しいです。

使用カメラ Z2の絞りは、最小のF8だと"小絞りボケ"が発生する という指摘を以前に目にしていたので、用心してF7.1やF6.3にセットしてたのですが、やはり露光オーバーが多発 orz


チョイと技ありの花火
技あり01_見え難いですが、分包付の昇曲導です技あり02_星にどんな仕掛けを施してあるのでしょう?
←<左>
下端の部分に、昇りながら左右に髭のような光を放つ"昇分包"が写ってます。
フレーミングが下手で・・・

<右>→
引き先方向変化菊
キュっとカーブした瞬間、周囲から「をぉ!」と歓声が沸く

新潟県の花火師さんは、我が道を行くって感じが多い印象なのですが、今回担当の 加茂市の阿部煙火工業さんは 全国的流行も取り入れた玉が多かったように思います。 今後にも注目です。

スターマイン (今大会のトリを飾った花火)
スターマイン01_三色ワイド仕立てのザラ玉と彩色牡丹からスターマイン02_次第に尺玉連発へとせり上がってゆくスターマイン03_ラストが錦冠の重ね打ちは 新潟のスタマの王道


椰子の木
椰子の木01_単発椰子の木02_スターマイン
海辺の会場での"椰子の木"花火はまた格別。


寺泊版フェニックス
本家の長岡まつりフェニックス花火に続き、中越地方各地でローカル版のフェニックス花火が上がっています。
寺泊版フェニックス01寺泊版フェニックス02_万華鏡 !!寺泊版フェニックス03_千輪 !!寺泊版フェニックス04_下の方では同時に海中花火もあったのですが・・・と、撮れませんでした。orz
フェニックスの後半は お約束の金冠ワイド連打の嵐 キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!
寺泊版フェニックス05寺泊版フェニックス06寺泊版フェニックス07_一面 金冠で光のスクリーン寺泊版フェニックス08_

下段右端ラストは 重なってて解り難いですが、"不死鳥"の型物花火です。 下の玉に、頭を左側にした鳥の羽ばたく姿が見えているのですが・・・解りますか? ← ムリ (ー_ー) !!
やはり私の腕前では 写真でフェニックスの魅力を表現する事はかなわず。。。
で、罪ほろぼしに準公式の動画サイトをご紹介しときます。 元も子もないが・・・(苦笑)
寺泊版フェニックス花火動画  ・本家 長岡まつり版フェニックス花火動画(8/2分) (8/3分)
長岡のフェニクス動画は 個人的には 8/3分 のほうがオススメかな。

其の他 割り物 単発
割り物単発01割り物単発02割り物単発03_割り物単発04_星の色変化がキレイ

割り物単発05割り物単発06_色の異なる星を配してあり、タンポポなどの型物に通ずる感じです割り物単発07_最大望遠380ミリ相当で中心部を撮らえました割り物単発08_錦変化菊


芯入り
雌雄芯八重芯
八重芯変化菊

左上 は 「雌雄芯」
 
↑上のは 「八重芯」

←左のは 「八重芯変化菊」
実は今回の写真の中で一番のお気に入りは
コレだったりします。(^_^;


まとめ
いやあ、色んな花火を撮ってみると 難しくて失敗ばかりなのですが、でも 楽しいです。
今回の写真から見えてきた課題としては、Web上で見かける花火に較べて、明らかに像が甘いという事。 ウデのせい? 機材の限界? それとも距離が遠かった所為?  要検証です。
改めて思うことは、花火処の新潟県在住の写真好きとしては、花火を撮らないのは勿体無い事ですね。
コレを、いわゆる「ハマッタ」とゆーのでしょうか。。。(笑)

以上、寺泊港まつり花火大会 でありました。
(2006.12.17 記)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayoibukuro.blog81.fc2.com/tb.php/20-7a1cc7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。