~写真屋の通い袋~

先幕から後幕までの生成物で綴るあれこれ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片貝花火 2007 (9/10分) 大玉編

・9/10 22:00 打上げ 世界一 正四尺玉 (二段咲き千輪)

9/10 22:00 打上げ 世界一 正四尺玉 (二段咲き千輪)

 ドーンという開発音で、中心から四方八方への ぶっとい引き と 中央部の彩色千輪が開く。
あれ~? こんなもんだったかな~? と思う次の瞬間、
バリバリバリッという轟きと共に、周囲の黄金の千輪が一気に咲き乱れ、大喝采が湧く。


 今回の片貝花火では、この玉を撮れたのが一番の収穫。 v(^o^)v
昨年の千輪系四尺玉は 雨にたたられてNGでしたから。


 実は2日目のこの日は、19時過ぎまで仕事だったので、行くか否か迷っていたのです。
時間的にも途中参戦にならざるを得ず、場所取りも、撮影場所は大丈夫でも 駐車場所が厳しいであろう・・・と。
更に、昼間から小雨が降り続いていて 昨年の空しい記憶が・・・
 しかし、時刻が近付くにつれて 気もそぞろ・・・ ヤハリ我慢出来ズ(苦笑)。
結局、退勤→速攻現場急行!!
 結果、大正解でした。 月曜日+雨 の条件故か、駐車もゆるゆるで。
おまけに、私が現着した20時頃に なんと雨が止んだのでありました。\(^o^)/
昨日に続き pokonyanさんも 悪条件の中 頑張っておられました。 ホント行ってよかったです。


↓ あと3発 + ・・・ あります。


・9/10 20:30 打上げ 正三尺玉

9/10 20:30 打上げ 正三尺玉

 この玉は、先日の6日の記事で、花火番付の内容について書いた時に取上げた分のもの。
昇り小花、小割浮模様、星か消える直前に白く輝く 引先光露、なんとか全て捕えました。 フレーミングもバッチリ。
 花火撮影を始めて まだ1年余りですが、これまで撮影した大玉の写真の中では、一番いい感じのショットになりました。


・9/10 21:29 打上げ 正二尺玉
9/10 21:29 打上げ 正二尺玉

  上の三尺玉と色違いの同一構成。

  開発高度と 引き の長さとの関係で、
 三尺ほどには地面を焦がしてはいないようです。


 


  ・9/10 21:54 打上げ 正二尺玉
9/10 21:54 打上げ 正二尺玉












 この二尺は なんと「八重芯」です!

 撮影しながら 思わず
「うぉ~っ、八重芯 キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!」
    とか叫んでました。

 引先光露もイイです。


 




失敗ご供養 番外編 (笑)

・9/10 21:00 打上げ 正三尺玉
の はずだったのに・・・
9/10 21:00 打上げ 正三尺玉 ?? (失敗ご供養編)

  雨上がりの湿度+煙+気まぐれな風向き
      = ご覧のような有り様。


  な~んも写りませんでした。

 


 


  


で、試しに無理矢理レタッチしたなれの果てがコチラ。

無理矢理レタッチしたなれの果て

   まるで亡霊のよう (苦笑)


  でも、
  至近距離の桟敷席からは、
  そこそこキレイに見えたらしいです。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。 花火がらみで てきとーに検索HITでやってきました。
長岡の花火は見たことあったのだけど、片貝のもキレイすね。
カメラが一眼レフとかじゃない フツーのと知ってビックリ。
データが見れるみたいで 参考にさせてもらいます。

  • 2007/09/23(日) 10:29 |
  • URL |
  • みとなっと #.Wsec4g2
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/05/30(水) 11:43 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/02/03(日) 16:42 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayoibukuro.blog81.fc2.com/tb.php/36-d9b37efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/11/20(火) 02:57:15 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。